永久脱毛って大丈夫?

ネット、広告、芸能人のブログ等々で大々的に宣伝している脱毛
金額もバラバラ。適正価格という概念がもはやないのではないかと思う。
100円でお試しでできるという広告に惹かれ実際に行くと満足するほどの効果は出ず、もっとやりたい!という欲求ばかりを刺激する。
そこで激しい誘惑の勧誘が待っている。
私の友達が誘惑に負けて貯金を全て脱毛の回数券の購入に使ってしまったときは驚いた。
美意識は高いが勧誘に負けるタイプの人間ではないと思っていたからだ。
全ての回数券を使い終わった友人の感想は「もっと生えてこなくなると思ってたのにな」だった。
もともと、なぜ女性、最近では男性も多いと言われているが、やる必要があるのか疑問である。
本来、毛があって当然。会社によるが腕1本で10万位は軽くかかる。
その金額を出しても、最終的に満足できず、後に引くこともできず、もう10万と出してしまった人もいるのではないでしょうか?
全身やっている方だと憶測だが100万は軽く超えていくのでは?と思う
脱毛業界で働いたことがないので詳しい金額等は不明だが、簡単に出せる金額ではないというのは分かる。
そのお金を別の部分に使う方が良いのではないかと思う。
高い脱毛をせずとも、最低限の身だしなみをし、自分が望んでいる男性に見あうくらいの市場価値を備えつける方がよいと思う。
湯水の様に使えるほどお金を持っていた場合は、別だが。
毛がないからモテルわけでもなく、最低限の処理をするのが嫌で脱毛している女性も本当に自分でやる手間と脱毛の金額と痛み、肌へのダメージが見合っているか今一度、比較してほしい。

我が家で節約のためしたこと

消費税が上がり、便乗なのか知りませんが、いろいろなものがついでに値上がりしている昨今です。主婦たる私としては、生活防衛のために、節約に励まなければなりません。以前からがんばっていますので、もう削るところはないと思っていましたが…。

この春から、泣く泣くですが、新聞を解約することにしました。活字の好きな私にはとても辛い決断です。ですが、毎月4000円近く浮くということはとても魅力です。ipodで産経新聞が無料で購読できるアプリがあると知り、解約に踏み切りました。

実際にダウンロードして読んでみたのですが、字が小さく、読むと疲れるのなんのって…。目を酷使しないように、休み休み読んでいます。約4000円節約するために、目の病気になってしまっては割があいませんね。節約生活に欠かせないスーパーの折込みチラシも、ネットで確認するようにしています。ただ、新聞にしてもチラシにしても、実際に紙のものにアンダーラインをひいたり、
特売のものに○をつけたりするのが楽しいことがわかりました。 

そのほか、携帯をスマホからガラケーに戻しました。毎月6000円かかっていたのが、2000円程度におさまるようになりました。家ではwifiでタブレットを使い、通話ではガラケーを使用することにしたのです。友人の前でガラケーを取り出すのは勇気がいりますが、そもそも外出時にそれほどスマホを使うこともありませんし、メールなどはかえってガラケーのほうが
速く操作できるくらいです。

今はこれくらいしか節約が思いつきませんが、さらなる増税にそなえて、他にも節約できることを考えていかなければなりません。主人のスマホもガラケーに戻せばよいのにと思いますが、嫌だといいます。

健康的に生きたいからこそ

最近食事の欧米化によって日本人の体も色々と変化をしていると思います。
それは伸長が高くなったり、足が長くなったりといいこともあるかもしれませんが
そうでないことももちろんあるでしょう。

食というのはとても大事なことで
食べたものが自分の体になることは間違いなさそうです。
だから、健康的でよりよい人生を生きていくうえでも“食べ物”というのは
重要なキーワードのように感じてしまいます。

そんな思いから色々な本を読み漁りましたので
私なりに要約した結果をお伝えします笑

私は、何を食べれば
・効果的に栄養を摂取できるか。
・そして経済的に摂取できるか
・おいしいか

この3つの事柄を意識してその抜群に優れた食べ物を探し当てることができました。
いくつかあるのでご紹介したいと思います。

・トマト
・梅干し
・ミネラルウォーター

私が実践してなおかつ“体にとても合うなぁ~”と思ったものはこの3つでした。
挑戦した食べ物は50以上、その中でも特に体の調子が良くなったものをまとめた結果です。

トマトは1日1個食べれば十分。
比較的調理も簡単で応用が効きますし、自分で作る100トマトジュースは最高にフレッシュなのでお勧めです。
(トマト嫌いの方、すいません。)

梅干しも1日1個で十分です。
食べすぎは塩分の取りすぎになってしまうのでよくありません。
梅干を生活に取り入れてからは風邪をぜんぜん引かなくなりました。

ミネラルウォーターは
今まで飲んでいた大半の飲み物をこのミネラルウォーターに変えました。
前は炭酸大好きで毎日のようにコーラは欠かさず飲んでいました。
水に変えてからは太りづらくなりましたし、せきの数も減りました。
コーラこわっ!と思ったほどです。笑

どれも安価で生活に取り入れやすい食べ物・飲み物だと思います。
ぜひ生活に取り入れてみてください。
また体に合うか合わないかは人それぞれですので十分に注意してくださいね。

アラフォーのダイエット

10代20代の頃はダイエットする、と必ず極端な食事制限をして、健康的なダイエットとは言えませんでした。35歳をすぎたら、そんなに食べないのに痩せなくなりませた。食事の内容と体のしくみを理解してリバウンドしない身体を目指したいと思います。食は身体の基礎だな~と思います。食事制限は始めは体重は落ちるのですが、体は飢餓状態なんですね。

身体は危険を感じて、出来る限りエネルギーを使わないで脂肪を燃焼せずに温存しようとするため、運動しても中々痩せない身体を作り上げていくらしいです。リバウンドの原因ってコレだったのね!ダイエットするといつも、お米も肉も油も食べてはいけないと思っていましたが、その太りやすそうな食材をダイエットの味方にして食べることはできないものでしょうか?と思い調べてみました。赤身の肉はローカロリーで脂肪を燃焼させる成分が沢山含まれていてしかも筋肉の元になる蛋白質が豊富。にんにく、しょうが、ネギなどの薬味野菜と一緒に摂ると消化酵素が働き尚効果があります。

お米に含まれている糖質は身体のエネルギー源です。足りなくなると身体は糖分を筋肉等から吸収するので、その結果、筋肉量が減少し代謝しずらい身体なってしまいます。食べ過ぎれば、過剰な糖分は脂肪に変わるので、少量のごはんをよーく噛んで食べると良いです。菜種油ゴマ油オリーブ油等の天然オイルは、脳内のホルモンバランスを整えるので、ダイエット中のストレスによるどか食いを防ぎましす。ドレッシングやみそ汁等に入れて油を生食することがおすすめです。1日大さじ1杯、食事に良質な油を取り入れるようにするとよいでしょう。アラフォーのダイエットは、じっくりと体質改善するつもりでバランスのとれた食事と適度な運動で健康的に痩たいと思います。